検索
  • 桐生ひであき事務所

令和3年度当初予算の神奈川県の考え方について

  • 危機的な財政状況の下にあっても、新型コロナウィルス感染症対策として医療提供体制の維持や県内経済の着実な回復に向けた施策を的確に、かつスピード感を持って実施する。

  • 徹底した事業見直しに加え、法人2税の超過課税や県債、財政調整基金等を活用することで、県補助金の削減を回避するとともに、水防災戦略やまなびや計画など、県民生活に直結する事業を着実に推進する。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示