検索
  • 桐生ひであき事務所

公田~笠間トンネル工事の視察をいたしました



建設・企業常任委員会で「高速横浜環状南線」の

公田~笠間トンネル工事の視察をいたしました。

この道路計画は平成元年より始まり4年後、横浜湘南道路として

新湘南バイパスへと連動し、東名高速や圏央道へと繋がります。


大断面シールド工法の採用

   外径15.28m

  シールド本体長13.35m

  重量3350t

   10~20m/1日 250m/1か月


沢山の貝殻が出てきて、ここがかつて海だった事を教えています。

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示